ボルネオ報告②(全4編):-獅子舞と華人の力

 

今回のボルネオ行は、

2月13日~23日の日程でした。

これはもうズバリ、

中国の春節に重なる時期。

 

日本の正月とは異なるマレーシアの年末年始の空気を、

思いがけず味わってきました!

 

image

(サンデーマーケットの開かれる

市街中心部のGayaストリート。)

 

 

春節のお話の前に、

マレーシアやボルネオと言う地域について

少し説明させて下さいね。

 

ボルネオ島は日本からほぼ直線的に南へ、

飛行機で5時間ほど行った所にあります。

 

北端の小さな範囲にブルネイ王国があり、

上の5分の2ほどの範囲はマレーシア、

下の5分の3はインドネシアが領有しています。

 

ボルネオ島全図

 

今回行ったのは、

そのマレーシア側の最大の都市、

コタキナバルでした。

(地図の中では、島の北端の少し左にあります。)

 

 

マレーシアは、イスラム教を国教とする国。

マレー人はムスリムで国民の約6割を占めます。

他には、3割が中華系の人々、1割がインド系です。

首狩り族として知られる部族を始めとして、

多くの先住系の部族も存在しています。

 

多民族の多文化、

モスクも道教寺院もキリスト教会もあって、

多宗教が共存しています。

 

0186286d31496cf0a2358b6c444dc00e4ecea34356

(リカスタウンにある石造りの教会。

この日は、地元のマレーシア人が沢山集まってのミサの日。

教会の前には、実は物凄い数の車が

ぎゅうぎゅう詰めに停まっていて、大変な事になっていました。)

019c81bbd43ccdb74a8c633749319e2e1a312d1dff

 

単に混在していると言うよりは、

それぞれが独自性を保ちながら上手く棲み分けをし、

違うもの同士が共生するのを可能にしている。

そんな、柔軟性を持つ社会の様に見えます。

 

 

 

それを示唆する象徴的なお話を、

現地で聞きました。

 

ボルネオは19世紀にイギリスの植民地となっており、

先住部族の中では

キリスト教徒が多いそうなのですね。

 

マレーシア全体としてはマレー人が多いけれど、

ボルネオでは、実は先住部族が

住民の半数以上を占めるのだそうです。

信徒の多くが部族民なため、

教会ではマレーシア語を使って説教が行われます。

 

ところが、マレーシア本島では

これはあり得ない事だそうなんです。

マレーシア語は国教であるイスラム教のモスクで使われ、

キリスト教会では英語を用いる。

ちゃんと、宗教に応じて

言語の使い分けが決められているそうなのです。

 

 

言語をない混ぜにして用いれば、

互いの教義に影響を及ぼし合うことは

想像に難くありません。

それを避けるために、

システムとしてちゃんと枠組みが決められている、

と言う事の様なんですね。

 

 

もちろん、現地の方にとっては、こうした仕組みも

良い面ばかりではないのかも知れませんが、

単一民族の(異論はあるでしょうが)日本に住む人間からすると、

「異なる文化や宗教を尊重する」には、

それだけ具体的な形が伴う必要がある、と言う現実に

なるほどな~…と深く感心させられたのでした。

 

 

ちなみに、マレーシアは

元々はシンガポールと一つの国だったって、

知っていますか?

今まで東南アジアに興味のなかったワタクシ(ゴメンナサイ)、

今回初めて知りました!

 

シンガポールは、マレーシアに比べて

華人の割合が多いそうです。

 

マレーシア半島にある11州(マラヤ連邦)と、

ボルネオ島の2州、シンガポールとが統合されて

マレーシア連邦になったのは1963年のこと。

結構、最近です。

 

マレー系の人々を中心に政策が展開される中で

中国系の人々が反発し、紛争にまで発展した結果、

シンガポールはマレーシアから追放される形で別々の国となったそうです。

統合してから、わずか2年後でした。

 

以降、

追放された一方は華人の力で経済大国に、

一方はまだ発展の途上に。

 

歴史の皮肉を感じなくもないですが、

でも私が感じた限りでは、マレーシアは

ムリなく歩みを進めている感じで良いなぁと思います。

とにかく、時間がゆったりと自然に流れている、

そのことが何よりも素晴らしいと思います。

 

 

 

さてさて、春節。

これは、言わずと知れた中国の正月のお祝いです。

 

コタキナバルに着いた時に驚いたのは、

大きなショッピングセンターの壁に

大きな金貨(!)の飾り物が沢山下げられていたり、

道沿いに赤い提灯がぶら下げられていたりと、

まぁ~とにかく賑やかなんですね。

でも南国のせいなのか、その賑やかさが

うるさく感じたりはしないんです。

 

春節の年末は日本の年末と同じで、

どのお店も夜遅くまで営業していました。

結構、早い時間帯から遅くまで開いている所が多いんですね。

南国の人達はのんびりしているイメージが勝手にあったので、

マレーシアの人達は働き者だなぁ~と感心してしまいました。

 

 

 

春節の元旦は2月の19日。

その日、研修の会場になっていたホテルに

獅子舞の一行がやって来ました。

ピンクに白に黄色に赤、

色とりどりの獅子が太鼓に合わせて派手に舞います。

 

image

 

ホテルやレストランなどでは、

個別に獅子舞を呼ぶのだそうです。

獅子舞の規模は、支払う金額によって変わるそうで。

 

4頭現れたこのホテルでは、

一番良いランクのものをお願いしたのではないか、

とのこと。

 

獅子舞は、

場のエネルギーを活性化させる舞いなのだそうです。

今回の研修の講師の説明をお借りして、各場面の解説を少々…

 

まず、赤い獅子はホテルに入って来ると、

そのまま太鼓を従えて最上階へ。

5階あるホテルの全てのフロアを経巡りに行きます。

これによって、ホテルの中の全てのエネルギーが

くまなく振るい動かされます。

 

 

image

 

ホテルのフロント前では、

残りの獅子たちがホテルの中の方へと向けて舞いを行い、

外からのエネルギーをホテルの中へ取り込みます。

 

時には観客の足をかじったり、

頭をかじったりしながら(これは厄払いですよね)、

躍動的な舞いを続けます。

 

かじる仕草が

何とも可愛いんですよ~。

 

 

image

 

↑ 躍動感のすごさは、ほらこの通り!!

 

 

フロントでは、ピンク獅子の独演が始まりました。

愛想をふりまいて激しく舞いながら、

差し出された皿に盛った果物をパクリ。

果物は皿ごと、獅子の中に消えてしまいました。

 

 

やがて、ピンク獅子は

身体を長々と伸ばして地面に伏せました。

おや~?寝ちゃったのかな?

 

寝息を立てているみたいに、

お腹の辺りが動いています。

おぉ!繊細な演技~(*’▽’)

 

image

 

 

今度は、ホテルの入口の外で

黄色い獅子が階段を使って舞い始めました。

 

階段と言っても柱が並んでいる形で、

足場は恐らく直径30センチ程度だと思います。

もし踏み外しでもしたら、

1メートルじゃきかない高所からの転落です。

 

 

 

ホテルの外に出ると、

抜ける様な美しい青空と、

まばゆいばかりの陽の光でした。

 

(伝統的に大事に継承されている儀礼だったからか、

天界と言っていいのか、

異なる次元からのお祝いの光の粉が降っていたのだとか~。

ひときわまぶしかったのは、

そのせいだったのでしょうか~(*’▽’) )

 

image

 

舞いはアクロバティックで、

柱の上を飛び跳ね、

立ち上がり、

時には上半身が足場から飛び出します。

 

そんな動きの中で、

耳をパタパタ、まぶたをパチパチと

可愛らしく動かします。

 

あ!

獅子が食べてた果物の皮を

こっちに投げてよこした~!

これに当たるのはメデタイのかな?

 

(↓ 当日の獅子舞の動画。3分程度です。)

 

 

舞い手を見ると、

獅子の上半身の子は小さく、

下半身を担当している男の子は大柄で

がっしりと筋肉がついていましたよ!

 

舞いを舞うのは10代の若者たちです。

生命力の最も盛んな時期の若者たちが舞うという所も、

エネルギーの活性という目的に適っているのですね~。

 

01ba6aacedf1353ae18a583a7061690f6489e6b83f

 

外での黄色い獅子の舞いが終わるころに、

再びホテルのフロントの方で歓声がしました。

寝ていたピンクの獅子が起き上がった様です。

ホテルの外へ出てくると、

お客さん達との写真撮影に応じます。

 

フロントの台の上を見てみると、

細工の施された果物が!

0184766d9997852fa4b6863393e6e132ac74d92c50

 

獅子が伏せて眠ったと見せて、

実は中で細工をしていたんですね~!

 

 

 

私が宿泊していたのは別のホテルだったのですが、

そこでもやはり獅子舞を呼んだようでした。

部屋に入ると、机の上に

二つのミカンとお年玉袋みたいな小袋がありましたヨ。

小袋の中身は、金貨チョコ。

 

こうやって、みんなに福のお裾分けをするんですね。

マレーシアの春節に参加できたんだなぁって、

妙に嬉しかったのです~(#^.^#)

 

012f5ea84325d3a84d242c8be5cdbb3752ff433d0b

 

日本に戻ったのは、ちょうど春節が明けた頃。

ニュースを見ると、中国人の爆買いの話で持ち切り。

 

以前なら、節操がないなぁと不愉快に感じたと思うんですけど、

ボルネオで中華系の文化に触れたせいでしょうか、

いいんじゃない、と思ったんです。

それが、自分でも意外でした(*^^)

 

中華系の人々は、

物質世界を動かす力を本当に持っているんだなぁと、

ボルネオで感じたんですね。

 

現実を動かす為にどうやってエネルギーを活性化させたら良いかとか、

どういう土地ならエネルギーを呼び込みやすいかとか、

そういう知恵を現実社会とリンクさせて上手く使っている。

 

例えば、風水だって

面白おかしい古い迷信などでは決してなくて、

建築の世界などでも未だに活用されたりする

活きた知恵として残っている訳です。

 

彼らが世界中を飛び回っていることで、

世界でモノが動いているし、

世界に活力が与えられている。

そうした側面はあるんだろうなぁ、って思います。

 

異なる文化を尊重し合うマレーシアの社会だからこそ、

文化の特徴みたいなものが

より見えやすかったのかも知れない、とも思います。

 

その反面で日本を省みてみると。

日本の伝統的な信念体系や知恵を、

生活の一部として活きた形で

大切に継承していると言えるのかどうか。

形骸化して骨抜きになっているものが、

ほとんどなのではないか。

 

そうしたものをちゃんと活かすことが出来た時に、

世界の中で日本が果たせる役割も見えて来るのかなぁ、

なんて思ったりするのです。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です