日本の野の花~ヒトリシズカ

 

 

そこかしこで、春の花が

満面の笑顔を見せながら咲き始めましたね~!

 

歩いていると、色んな表情の花に出会うのが楽しくて、

少し歩いては写真を撮り、

また歩いては写真を撮り。

 

なので今回は、

自然の中で目に留まった花の写真をアップします!

 

とか言って、

ここの所、梅の花やら桜の花やら、

自然の花の姿ばかりをブログに載せてる気もしますが~。

 

…いえね(*^^)

つい先ごろ、通信料を節約しようと思いまして、

長年利用していた携帯会社をエイヤっと乗り換えまして。

で、その際に携帯をiPhon6にしたのです。

(意外とミーハーって?えへへ、まぁ…(;^ω^)

でもね、お得だったのですよ~。)

 

通信速度の速さだとかシステム的なことは

凄さが良く分からないんですけど、

 

写真が本当~にきれいに撮れるので、感動です!

ついつい、撮るのが楽しくて、

色々写しまくっているのです!

DSC_0002_30

 

そんなこんなで、

外を歩いていると良い被写体が沢山あり過ぎて、

遅々として前に進まないのでありますが…。

 

 

ほら~!

補色にあるオレンジと青のコントラストが美しい

街路樹の下のオオイヌノフグリとキンセンカ。

 

01a8fddf2b8365567fc5985affe626bcd949285432

 

こちらは菜の花。

う~ん、陽の光を一身に浴びて、

黄色が何とも鮮やか✨

左上の方に、花弁にまざって黒く映っているのは、

蜜を一生懸命吸っていた虫のおしり。

 

01ae70339d439cdc97b6af6f0f9f805fb50881d433

 

葉っぱだって、

大きく開こうとし始める姿は十分に魅力的です。

 

01608740df48158b0b65b34bc2c344efcf09dfcf2f

 

うちの庭にも居ましたよ~!

じゃ~ん。

 

0123f2038ac8d7de90747bd8566fbcc313c4f569b7

 

これね、ちょっとタワシみたいでしょ?

ところがどっこい、

「一人静」っていう優美な名がついているんですヨ。

 

こっそり見えにくい場所に咲いているから、

とか言う事ではなくて、

静御前の舞い姿になぞらえての名前なんですよ~。

ステキでしょ~(*’▽’)

 

蕾が開き始めたのは、1週間ほど前。

イガイガの葉っぱからツンツン頭が

のんびりと伸びをしながら出て来てる感じでしょうか。

何とも言えず可愛らしいですよね~。

 

0193f7632868d2f65150e3a67f010c8a85f45656ce

 

本当は、摘んで来て

neMu no ki に飾りたいと思ったんですけど、

写真を撮っていたら情が移っちゃいまして。

摘むことは出来ず…。

なので、せめてここで皆様に見て頂けたら嬉しいなと!

(と言いつつ、結局、翌日摘んじゃってたりして…(;^ω^))

 

せっかくなので、

一人静の植物としての情報にも少し触れますね。

 

センリョウ科のチャラン属。

チャランは、茶蘭と書くそうです。

(以下、イー薬草・ドット・コムを参照。)

 

タワシのような形の、

白い針状の部分が花びらだと思うでしょ?

私はそう思ってました!

ところがあれ、実は雄しべだそうなんです。

 

一つの大きな(と言っても、小指の先端位ですが)花に見えるのは、

小さな花の集合した姿。

一つ一つの花は、3つの白い雄しべと

その根元にある緑の雌しべから成っていて、

花びらとガクはないんです。

(こういう形態の花を、裸花と呼ぶそうです。)

 

確かに、花が終わりに近づくと、

白い糸状の花びら(←しつこいですが、本当は雄しべ。)が

決まったように3本ずつまとまって落ちて来るので

何でだろう?と思っていたんですよネ。

なるほどなぁ~。

 

新芽や若葉は、山菜として食べられるそうです。

また、血行改善や利尿作用などの薬理効果があり、

全草を乾燥させて煎じたお茶は

神経痛やリウマチ、痛風などを改善するとして

中国で昔から飲まれているとか。

 

葉は少しごわごわとした感触ですが光沢があり、

茎は水分をたっぷり含んでいます。

そのせいか、摘んだ後の水揚げが難しく、

早朝に摘むか、茎を切った後にすぐに水につけないと、

あっという間に萎れてしまいます。

氷水につけてビックリさせると、復活したりもするそうですが(^ω^)

 

と言う事は、逆に考えれば

一人静は「水の流れ」への感受性が高いのかも知れないですね~。

自分の中の流れが繊細なバランスの上にあるから、

それが乱れると流れそのものが止まってしまう、という具合に。

 

そうした水への繊細な感受性が

血の巡りや利尿作用、リウマチや痛風など、

体内の水分の調節に作用する薬効という形になって、

私たちに恩恵を与えてくれるのかも知れないなぁなんて思います。

 

この理解が正解かどうかはともかくとして、

こんな形で、植物それぞれが帯びている性質そのものを

私たちに作用するエネルギーや力として理解し、

症状の緩和や状況の改善の為にその力を借りることは、

古来、当たり前にやって来たことなのですよね。

 

ちなみにホメオパシーやフラワーエッセンスは、

それを療法と言う形にしたものだと言えるでしょう。

 

(近縁の療法にアロマが挙げられると思いますが、

アロマテラピーは植物の性質よりも芳香を主眼とした療法です。

施術者のスタンスやアプローチの仕方によってはエネルギー的にも作用しますが、

それ以上に薬理学的と言えると思います。)

 

私たち人間も含めて、全ての生き物は

他者に働きかけて癒えるのを促したり

変容を助けたりする力を、

その存在そのものが本来持っているんですよね。

 

私たちの中にあるそうした性質であり作用であるものを、

北米の先住部族の伝統では「メディスン」と呼ぶのだそうです。

 

019c17efe15c679ecd8eb68c2c621cfb6f6ffd6650

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です