voice#11:良い作品を作るための体調管理に(絵本作家/48歳)

 
ご感想を寄せて下さったY.Kさんは、とても可愛らしい動物の絵とユーモアあふれる文章で構成された絵本を作成されています。制作の作業は、作品の柔らかな雰囲気からは想像もつかないほど緻密かつ細密であり、大変エネルギーを使うもののようです。
 
若い頃は、描く際に足を組まずにはいられなかったというY.Kさん。その姿勢による歪みが身体に残っていたために、作品作りに打ち込んでいる時に限って顎関節に痛みが生じていたと言うことが、施術を重ねる中で次第に分かって行きました。

 
 

数ある施術院の中から「neMu no ki に行ってみよう!」と思われた決め手がありましたら、教えて下さい。

携帯で、確か「顎関節症 国立」と打ったら出てきました。

女性の先生というのがまず良いなぁーと思い、決めては紹介に載っていた先生の顔です!(o^^o)!この方は治してくれるかは分からないけど、人間的に良い方だと感じ、行ってみようと思いました。

 
 

初めてご来店された時には、どのようなお悩みや症状をお持ちでしたか? もしくは、どのような変化を望んでいましたか?

絵本を描いていますが、細密な線画の絵本を描き終えた時に、顎関節症になりました。

ずっと同じ姿勢で描くので身体のバランスが崩れたんだと感じました。一番辛いのは痛くてご飯をしっかり噛めない事でした。痩せてしまい、このまま絵も描けなくなったらどうしようかと、私にとってとても深刻な問題でした。

 
 

neMu no ki の施術:筋膜バランス整体は、あなたにとってどのような体験でしたか? もしくは、施術をどのように感じましたか?

一回目を終えて顎の痛みに変化はありませんでしたが、一番驚いたのは立った感覚が変化した事でした。

顎関節症は身体全体のバランスからきていると感じていたので、続けて通わせて頂ければ治ると思いました。何回か通い、身体全体の今まで溜まっていた緊張がとれていくのが分かりました。

毎回施術が終わると、まるでお風呂上がりの様なポカポカした、リラックスした身体になるのを感じました。先生に話を聞いてもらう事も、吐き出させて頂いてる感じで心も身体もほぐれていく感覚でした。

 
 

ご来店当初のお悩みや気になっていた症状は、施術によって変化したと感じられましたか? それはどのような変化でしたか?

顎関節症が完全に治りました。少しずつ楽になり、いつの間にか治っていた感じです。

立っている感覚がスッキリして、お腹を壊す事が少なくなり、ずっと感じていた首や肩の凝りもとれていました。

 
 

継続的に(リピートで)ご利用頂して下さっているのは、どのような点からですか?

体調が良くないと良い作品を作る事は出来ないと思っています。顎関節症で通わせて頂きましたが、身体全体を整えて下さるので、これからも是非続けていきたいと思っています。

 

(Y.K/48歳)

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です