筋膜とは

目次


筋膜が整うと、全身が整う

身体に描かれた「地図」

 

筋膜が整うと、全身が整う ~ 原因へのアプローチ

 

筋膜とは、英語のfasciaへの訳として使われている言葉です。
fasciaは筋肉を包む筋膜に限らず、 内臓なら例えば心臓の心膜、
腹部全体を覆う腹膜など、 全身のあらゆる所を包み、繋いでいる膜組織を指します。

体表近くにある筋膜には内臓の状態が投射されることが
当院の臨床で現象として観察されています。

筋膜のキーワードとして、
包む、つなげる、支える、の3つの役割を挙げることが出来ます。

全身の様々な器官や組織を
大小の様々なレベルで包み、それらをつなげ、
身体としての大きなまとまりを形成しています。
つまり、身体の構造そのものを支えていると言えます。

その筋膜に緊張が加わると、
その部分はぎゅっと固まって凝縮したり短縮したりします。

それによって、筋膜に包まれている器官は圧迫されたり、
引っ張られて位置がズレたりします。
これが、痛みをはじめとする様々な症状の原因になります。

膜だからとあなどるなかれ。
たとえ相手が骨や歯だって、位置が変わるくらい強力な力を影響力を持っている
んです。

こんなに強力な筋膜でも、緊張の位置を正確に把握できれば、
軽く触れるだけで自らゆるみます

膜がゆるめば、ズレた器官は本来の位置に戻ります。


筋膜は全身を一つにつなげているので、
筋膜の一か所で出来た緊張は、
波紋のように全身に影響します。
(この為に、施術の際には症状のある部分だけでなく
全体を丁寧に視る必要があります。)

例えば・・・
全身をストッキングで
包まれていると想像してください。
捻れた状態の所があると、
そこは窮屈だし捻じれを感じるし、
気持ち悪いものですよね。

筋膜の緊張によるズレは
この感じによく似ています。
そして、捻れは足元で生じたものでも
実は頭の上の方まで伝わります。
その感覚は、皆さん
何となく想像がつくのではないでしょうか?

どんな小さな緊張も、
筋膜を通して全身に影響しています。
一つ一つの緊張を丁寧に解いていくことは、大変です。

ですが、その積み重ねが、
身体全体を本来の理想的なバランスへと
近づけて行ってくれるのです。

 

 

身体に描かれた「地図」

ある部位に出来た緊張は、必ずと言っていい位
他の部位の緊張と結びついています。
そしてその結びつきは、筋膜上で作られます。

筋膜に出来た緊張と緊張をつなぐ結びつきは、
ライン(線の形態)になっています。

ラインの経路は、
私たちが身体のどことどこを一緒に使っているか、
すなわち、どうやって身体を使っているかを
現象的に教えてくれます。

施術では、その経路を辿ります。
一人一人の身体に描かれた、
いわば人生の「地図」を読むような作業だと言えるかも知れません。

この経路を通して、
全身のバランスにどんな狂いが生じていて、
それが症状とどのように関連していたのかを知ることが出来ます。

このようにして身体から受け止めることの出来た情報は、
施術後に 分かりやすくご説明いたします。

 


 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です