新型コロナ感染予防の追加対策と料金等の変更のお知らせ

 

7月の長雨がようやく終わったと思ったら、8月が始まったと同時に猛暑続き!
 
8月の下旬になってもまだまだ暑い日が続いていますが、お日様の光や吹き抜ける風に少しづつ秋の気配が感じられ、何となくほっと出来る日が増えて来た様に思います。
 
皆様は、いかがお過ごしでしょうか?
 
 
6月19日にコロナ感染防止のための自粛・休業要請が全国で解除されましたが、今も感染は広がっており、注意を払いながらの生活が続いています。
 
当院での感染予防対策の取り組みについてのお知らせを、4月と5月にこちらのブログにアップしましたが、それ以降に追加した対策などについて今回のブログで改めてお知らせ致します。
 
また、11月1日より施術料金が、9月よりキャンセル料やメール相談について変更が生じますので、そちらの詳細についても重ねてお伝えさせて頂きます。
 
長い文章になりますが、最後までお付き合い頂けましたら幸いです。
 
 
 

〈感染予防対策について〉

 
新型コロナウィルスの感染経路は当初、咳やくしゃみ、話すことで飛散する可能性のある唾液や鼻汁の飛沫を介しての飛沫感染と、そうした飛沫が付着した場所や物に触れることで起きる接触感染によると考えられていましたが、7月頃から空気感染の可能性も指摘される様になりました。
 
空気感染は、飛沫の中に含まれていたウィルスが、飛沫の水分が蒸発した後に病原体のみで空中に浮遊している状態になっても活性を保つことで生じるため、空気中に飛沫を放出しないことが最大の予防策になります。
 
そこで、クライアントの皆様にもご来院の際には是非ご協力を賜りたいことがありますので(結構沢山あります!^^)、下記に列挙致します。ご一読下さいませ。
 
 
皆様のご協力をお願いしたい感染対策
 
①引き続きの検温
施術の3日前から体温の計測をお願いしておりますが、引き続きご協力をお願い致します。ご来院の際に、当日の体温をお聞かせ下さい。(ご自身での検温をお忘れになられた場合は、来院時、お着替え前に検温をお願いさせて頂きます。)
 
②入室前の手指の消毒
インターホンの上にアルコールスプレーをご用意することに致しました。インターホンを押す前に、プシュッと一押し、消毒をお願い致します。
 
③うがい薬
長時間、継続的に口内を殺菌してくれるうがい薬(アルコール不使用です。甘いミント風味になっています。)をご用意しています。クライアント様にご来院後すぐのうがいをお願いすると共に、「感染しない・させない」為に、施術者も一緒にうがいを行います。
 
④院内でのマスクの着用
施術中と施術後のお茶の時間は、マスクは外してリラックスした状態でお過ごし下さい。施術前のお話の時間や、お茶を召し上がり終わった後に引き続きお話をされる際には、マスクの着用をお願い致します。
 
⑤施術中の私語は、控え気味でお願いします!
院内でお話しする際には、マスクを着けた状態でお話しすることを意識して頂けますと、大変助かります!マスクを着用しない施術中は出来るだけ私語をお控え頂けます様、ご協力をお願い申し上げます。
 
 
当院で行っている追加の対策のご案内
 
⑥施術ベッドの呼吸孔の保護
施術ベッドには頭部に孔が開いており、うつ伏せに寝た際にはその孔を通してベッドの下の空気を呼吸することになります。ここは最も感染のリスクの高いところですので、孔の縁からその下の空間に至るまで、ラップで覆うようにしました。
2枚のラップを用いて、空気がしっかり出入りする様にセッティングしています。ラップは施術毎に張り替えた上で、飛沫が触れる可能性のある箇所は消毒もしますので、呼吸空間は清潔で安全に保たれています。
 
⑦抗ウィルス加工のリネン類で顔の周囲を保護
施術中、マスクは外して頂いています。その為、仰向け姿勢の間は抗ウィルス加工の施されたタオルをお顔に掛けさせて頂きます。口元まで隠れる様にタオルを掛けることで、クライアント様と施術者の双方を感染リスクから守ります。
お顔の上に乗せるタオルだけでなく、ベッドの頭部周囲で用いるリネン類は全て、抗ウィルス加工の生地やタオルを使用しています。
 
⑧80ppm以上の次亜塩素酸水による消毒
次亜塩素酸水は自作出来る消毒・除菌剤で、濃度が80ppm以上であれば拭き掃除でもコロナウィルスに対して有効であることが、厚生省と消費者庁から発表されています。(参照:https://www.meti.go.jp/press/2020/06/20200626013/20200626013-4.pdf)
塩と水道水から手軽に作れる消毒液ですが、熱や光で塩素が抜けて濃度が低下しやすい性質があります。当院では次亜塩素酸水を専用の機器を用いて少量ずつ自作し、試験紙で濃度を確認して使用しています。
 
⑨新規のお客様の受け入れは、継続して自粛しています。
今現在は、まだ新規のお客様を受け入れるのは早い様に感じております為、自分の感覚を信頼して受け入れの自粛を継続しています。既存のクライアント様からご紹介があった場合に限り、新規の方のご予約を承らせて頂きます。
 
⑩キャンセル料は通常通り発生致します。
自粛期間中、コロナに関連してのキャンセルの場合にはキャンセル料は頂戴致しませんでしたが、自粛期間終了後から一定の期間が経過していることと、感染予防に対する情報が社会全体で広く豊富に共有される様になっている現状を踏まえて、キャンセル料は通常通り発生致します。(キャンセル料の設定に変更があります。詳細は後述致します。)
 
 
 
コロナの感染防止に関するお知らせは、以上となります。
 
 
以下では、11月と9月から実施する料金等の変更についての詳細をご案内致します。
 
 

〈料金等の変更のご案内〉

 
①施術料金の変更(11月1日より実施)
初めてご来院頂く場合、施術料は1回24,000円となります。
(初回のみ、施術後にメールサポートがあります。メールは施術から4〜5日後にこちらからお送りし、クライアント様よりのご返信に再度回答をお送りする形で、1往復半までとさせて頂きます。)
 
2回目以降、施術をリピートして受けて下さっている場合は、施術料は1回22,000円となります。
(メールサポートはありません。必要なご相談やご質問は、施術後や次回の施術時に直接伺わせて頂きます。身体だけでなく心理的なことなども、必要があれば遠慮なくどうぞ。)
 
*施術前後に設けているお話の時間は、今まで通り、前後合わせて30分まで1回の施術料に含まれます。
 
 
②年数を経ての再来院の場合(9月1日より)
直近のご来院から3年以上経過している場合は、初回の施術としてご予約を承らせて頂きます。カルテも改めてのご記入をお願い致します。
 
 
③メールでのご相談について(9月1日より)
これまで有料にてメールでのご相談を承って参りましたが、8月いっぱいでこちらのサービスは休止させて頂くこととなりました。
 
感染予防対策やカルテ等の管理業務の増加に伴って、回答文を作成する時間を捻出することが困難になった為です。
 
今の時点では、電話やオンラインでご相談を承るなど、他の形態への切り替えは考えておりません。ご要望があった場合は対応を検討致しますが、出来るだけ施術の際にご質問・ご相談頂けますと幸いです。
 
 
④キャンセル料の変更(9月1日より)
キャンセル料は、ご予約の3日前から発生する形に変更になります。
キャンセル料は、以下の通りになります。

<連絡なしのキャンセル>
日程変更の有無に関わらず一律:10,000円
 
<キャンセル(他日への振替なし)の場合>
  • ご予約の3日前:3,000円
  • ご予約の2日前:4,000円
  • 前日:6,000円
  • 当日:8,000円

<日程のご変更※:初めての方>
  • ご予約の3日前:3,000円
  • ご予約の2日前:4,000円
  • 前日:5,000円
  • 当日:6,000円
<日程のご変更※:リピートの方>
  • ご予約の3日前:1,500円
  • ご予約の2日前:2,000円
  • 前日:3,000円
  • 当日:4,000円
※「日程のご変更」は、同月内での他の日程へのご変更の場合となります。
月をまたぐ場合には、「キャンセル(他日への振替なし)」としてのお取り扱いとなります。
 
 
 

<結びに代えて>

 
neMu no kiを始めた当初から、魂の歩みをサポートできる様な施術を提供したいと言うのが、施術者としての私の密かな野望(笑)でした。それがどの様な形の施術なのか、見当も付きませんでしたが。
 
今年の4月で開院してから丸11年が経ち、今は肉体の調整を通して「魂の歩み」のサポートが出来るような、そうした質のサポートだと言える様な施術になって来ているのを日々感じています。
 
継続的にご来院して下さっているクライアント様たちも、それぞれの身体の変化を通してその様に感じ取って下さっている様に思います。
 
「私」と言う存在を構成している物理的な肉体と、目に見えない感情や思考の意識/エネルギーの領域。これら全ての歯車が噛み合って、クライアントの皆様がより良く「私」を生きることが出来るように。
 
これからも、更に良き施術を提供して参りたいと思います。
 



新型コロナウィルス感染症への当院の対応と対策

 

47日には政府から、10日には東京都からも、新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向けた緊急事態宣言が為されました。

当院では41日付けで、ご予約を頂ているクライアントの皆様に対して当院における感染症対策の詳細を一斉メールにてご案内しておりますが、

緊急事態宣言を受けた今、衛生面における安全について、今まで以上の配慮と誠意、そして良い意味でのシビアさを持って判断し取り組んで行く必要があると感じています。

(整体院の内、利用者が身体機能の維持を主たる目的として利用している施設については、休業要請の対象外となっています。参照URL:https://www.bousai.metro.tokyo.lg.jp/1007617/1007679.html

ご利用のメーラーによっては、先にお送りした電子メールを確認出来ないこともある様ですので、サイト上で改めて当院の取り組みをお知らせし、クライアントの皆様にご確認頂ければと思います。

また、電子メールでご案内した内容に幾つかの修正や変更も加えていますので、既に目を通して下さっている方も今一度ご確認頂けましたら幸いです。

 

目次

  1. 当面の施術の提供について
  2. お客様の受け入れについて
  3. 当院での具体的な対策
  4. ご来院の際にお願いしたいこと
  5. コロナウィルスに関連したキャンセルについて

 

<当面の施術の提供について>

当院では9日〜18日の10日間、感染拡大防止の対策の一環として休業と致します。19日以降は再開し、当面は様子を見ながら施術を提供して行く予定でおります。

ですが、ご来院を予定されている方の中には、少なからず不安や心配を感じている方もいらっしゃるかも知れません。

感染症は一人の問題では収まらず、周囲の人をも巻き込むものです。クライアント様ご本人はもとよりご家族の中でも、この様な時に施術に行って大丈夫なのかと、懸念や心配が生じることがあると思います。

そこで、当院で行っている対策を皆様に詳しくお知らせし、また更に、ご来院に際しては皆様にも一緒に取り組んで頂きたいこともこの場をお借りしてご提案したいと思います。

当院では取り得る限りの対策を施しますが、ご来院されるかどうかの最終的な判断は、それぞれのクライアント様が、ご自身にとって最善だと思える様にして頂くのが望ましいと考えています。

その判断の材料の一つとして、この記事を役立てて頂ければと思います。

 

<お客様の受け入れについて>

当院のクライアント様は、定期的に来院して下さっている方が9割を占めており、それぞれの方の体調や生活の様子などは自ずと理解出来ていると思います。

クライアント様のご事情を施術者が肌感覚で感知出来ていることは、院内での感染を予防する上でも実は非常に重要なことだと感じています。

安全の確保は、施術を提供する側の取り組みだけでは十分ではなく、利用者であるクライアントの皆様にもご協力頂く必要があります。

十分な信頼関係が築けていると、同じ思いを持ってこうした取り組みを行うことが出来るため、安全性の確保もより効果的に行えると思います。

そこで当院では、緊急事態宣言の期間中は、既に継続的にご来院下さっているクライアント様方のみ、ご予約を承ることと致しました。

新規のお客様と、最後にご来院されてから1年以上経過していて現状を把握出来ていないクライアント様は、現在は受け入れを控えさせて頂いています。

なお、現時点(413日現在)での予約状況をご案内しますと、7月半端までいっぱいとなっております。ご予約の際には、7月下旬以降の日程でご検討下さい。

 

<当院での具体的な対策>

・施術者自身の、毎朝の検温による体調把握。

・施術中は終始、マスクを着けた状態にて施術。

・施術後のお茶とお菓子の用意も、マスクを着けて行う。

・施術中は原則として窓を開けておき、十分な換気を保つ。(窓は施術ベッドのすぐ横に位置しており、クライアント様の顔・頭の周囲の空気を常時入れ替えています。)

・気温が低い、あるいは強風や埃などにより窓を開けておくことが難しい場合でも、30分毎に1回は窓を開けての換気、もしくは換気扇を用いての空気の入れ替えや、殺菌作用&抗ウィルス作用を持つ精油の持続的な噴霧により、院内の空気を清浄に保ちます。

・施術中は身体はタオルで覆い、お顔は手拭いで(フワリと苦しくない様に)覆うため、施術者の皮膚と直に接触することはありません。

・施術中は、基本的に私語を交わすことはありません。(集中力を必要とする施術であるためです。)

・体調についての聞き取りや説明のための会話は、施術前後に設けたお話しのための時間でまとめて行います。この間は適切な距離を取り、施術者はマスクを着用します。

・施術に用いたタオル類、手拭い、着替えは、お一人お一人全て交換し、洗い立てのものを使用。

・ベッドに直接掛けている大判の厚手のタオルは、表裏それぞれ2回ずつ用いますが、使用後はその都度カーペットクリーナーでクリーニングし、アルコール消毒を行い、1間ほど外気に晒すか、オイルヒーターを用いて熱に晒します。

(施術中に発汗があった場合や、クシャミや咳が出た様な場合は、すぐに交換します。)

・施術に用いる枕は、ラップで全体を覆った上で更に手拭いで全体を包み、顔に触れる面には更に専用の布カバーを掛けた上でフェイスペーパーも用い、4重に包みます。施術終了後はそれら全てを取り替えます。枕自体もアルコールスプレーを噴霧した上で、オイルヒーターの熱に1時間以上晒します。

・ベッドの有孔部分(鼻や口を出すところ。この上に枕を置きます。)は、施術後にアルコール消毒します。

・トイレや玄関等のノブやスイッチのアルコール消毒。

・トイレ用のタオルもご予約毎に入れ替え、お一人お一人に新しいものをご用意しています。トイレの掃除もきちんとしてあります。

・ご予約は一日に一人のみ承る形ですので、施術者以外の第三者との接触の危険はありません。

・クリスタルを用いて施術室と施術者にそれぞれ結界を張り、施術室のエネルギーがクリアに保たれる様にしています。

 

<ご来院の際にお願いしたいこと>

・症状はなくとも、普段と違う感じがしたり、何となく止めておいた方が良いのではと感じた場合には、その直感や感覚に従って下さい。

・施術者も、検温を毎朝行う様にしています。クライアントの皆様にも、出来ればご来院の3日前から検温をして頂けたらと思います。

37°以下は平熱とされています。コロナウィルスで目安とされているのは37.5℃ですが、念のために37.0℃を超えている場合や平熱を大きく超えていると感じる場合は、大事を取ってご来院は控えて頂ければと思います。

・ご来院の際には、お互いの検温結果をまずはじめに報告し合い、双方の安全と安心を確認出来ればと思います。

・ご事情があって検温出来なかった、検温を忘れたと言う場合には、ご来院時に検温をお願い致します。(体温計はこちらでご用意します。)

・ご来院時には、まず手洗い・うがいをお願い致します。

・施術中、仰向けの際には口元まで手拭いを掛けさせて頂きます。(苦しくない様、フワリと。)それにより、急なクシャミや咳が出た場合でも、その飛沫が飛散するのを防ぐことが出来ます。

・精油を噴霧する機器の音の煩さや、継続的な換気による寒さなど、ご不便をお掛けすることが出て来るかも知れませんが、温かいお気持ちでご協力下さい^_^

 

<コロナに関連したキャンセルについて>

今後、状況が収束するまでの間、コロナウィルスもしくはコロナウィルスが疑われる理由でのキャンセルの場合、キャンセル料は頂きません。

例えば、ご予約の当日に急に熱が出たり、あるいはご家族に疑わしい症状が出た場合は、決して無理をせずにキャンセルのご一報を下さい。

施術者からも、私自身や身内の者に急に熱が出る様なことがあれば、ご予約日の朝に急なキャンセルのご連絡を入れさせて頂くことがあるかも知れません。どうぞご了承下さい。

 

最後に、皆様にはいつも紫の炎についてお話ししています。

コロナウィルスに感染するのではないか?と言う恐れを持っていると、それを引き寄せ易くなります。

日頃から、ご自身を大きく燃え盛る紫の炎でしっかりと包み込み、感染への不安や恐れを手放して行く様に、意識して取り組んでみて下さい!()

 

クライアントの皆様のご協力を仰ぎながら、出来得る最大限の安全を保って、施術を提供して参ります。