ねむ♫/ 12月 23, 2013/ 店主② 視点/ 0 comments

この間の日曜日、
国立市は谷保にある「やぼろじ」さん
にて行われたガーデンパティ
ボランティアのお手伝いをして来ました![#IMAGE|S43#]

 
これを読んで頂いている方の中には
neMu no ki のある国立(くにたち)に
お住いの方が多くいらっしゃるかなと思うのですが、
やぼろじ、行かれたことがあるでしょうか?

場所は谷保天満宮に程近くて、
谷保駅からも徒歩5分くらい。
蔵のある古民家で、敷地面積も広いのですが、
そこをコミュニティスペースとして再生させて、
地域の人たちを繋ぐような
さまざまな活動の拠点として
使われているんですね。

古くて新しい空間、
箱モノ(建物)は時代の蓄積を感じさせ
それが温かさと懐かしさ、安心感を
私達の心象に与えてくれる一方、
その中で行われる活動は
新しい視野でものを作り出そうとする人たちの
エネルギーで溢れている、

そんな印象の空間でした。
私と同じ世代の方達が中心の活動
と言うこともあり、
非常に共感と刺激を受けました[#IMAGE|S12#]

さて、ガーデンパーティ。
やぼろじと、少し離れた畑「はたけんぼ」の
2会場で行われました。

手づくり洋菓子、こだわりの珈琲、
移動屋台のたい焼き、地物野菜、

紙と木の合板(木だけより
強度が高いらしいです!)を使った木工製品、
美を追求した手加工の金属食器、
骨董、書籍、
可愛いイラストの消しゴムはんこ。

餅つき、
豚の丸焼き(土かまどで焼いてました!)、

羊にポニー。などなど。

実際、ご家族連れがとても多いのが
印象的でした。
連休中と言うこともあったのでしょうが、
他の地域だと、こんなに家族単位で
積極的に遊びに出てくるということは
あまり無いようなんですね。

くにたちは市民運動が盛んな土地柄。
主体的に生きよう、自分たちの手で
暮らし環境を作ろう、守ろうと言う
意識の高い人が多い土地ならではかなぁ
と思いました。

よく、neMu no ki を開くのに
ナゼくにたちを選んだの?
と聞かれるんですが、

住民の意識が高くて
地域を通していろんな活動をしよう
と言う姿勢が感じられることに、
憧れと共感を感じるんです。

新しいものをやって行こうとする時に、
それを後押ししてくれるような力を
地域のエネルギーの動きから
もらえているような気がします。

街自体も、
大正初期に建設されているのですが、
当初から大学を誘致する意図があって
街づくりをしているんですね。

その結果、
ヨーロッパの都市をモデルにした
駅前の大きなロータリーから
どーんと一本走る大通りを中心として
整然とした、個性のはっきりした
街の顔が出来ている訳です。

neMu no ki の物件を探しに
十数年ぶりでくにたちを訪れた時、

この大通りの広さが生み出す
突き抜け感と、
両脇の桜の古木が醸し出す
落ち着きと安定感、
歩道とは別に
自転車用レーンがあるという
余裕ある空間利用を見た時に、

なんて気持ちの良い、
丁寧に整えられた街なんだろう!
って感動したんですね。

こんなところ全部が、
くにたちが大好きな
理由なんですよねぇ^^

筋膜バランス整体 neMu no ki 公式ホームページ
https://inemurino-ki.com/
Facebookページ
https://www.facebook.com/neMunoki.kunitachi

写真・画像・文章の複製や無断転載は固くお断り致します。
copyrightc2013 neMu no ki all rights reserved.

Share this Post

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*