ねむ♫/ 1月 15, 2010/ 未分類/ 0 comments

身体は、なぜ柔らかい方が良いのでしょう?

[E:upwardright]皆さんは、こんな質問をされたらどう答えますか?

身体が柔らかいと、故障しにくいから。

血流が良いから。

出来る動きが増えるから。

動きが滑らかになるから。

・・・全部正解[E:smile]  でも、chiezou はちょっとだけ違う考えを持っています。

身体が硬い状態を考えると、自分では「こう動きたい」という意思があるのに、それに反して身体が途中で勝手にブロックをかけたり(痛みを出すなどの方法で)、自分のイメージとは微妙に動きのラインが違ったり・・・なんてことが起きますよね。緊張の強い筋肉や血管にこれ以上負荷をかけさせまいと、身体が一生懸命に防衛して起こる反応ではあるのですが、この時、動きの中で生じる流動的な力に対して身体は抵抗する事になるため、その抵抗力で自ら消耗してしまいます。

一方、柔らかい身体の場合、動きの流動的な力は受け流します。空手と合気道の差を考えてもらうと分かりやすいでしょうか。空手は相手の力を真っ向から受け止めて押さえますが、合気道は相手の動きの流れに乗っかることで、攻撃を受け流して無力化します。

Share this Post

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*