ねむ♫/ 12月 15, 2013/ neMu ブログ②:身体の不思議

 

足裏に触れると、ひんやりしている。

 

奥まで冷え切ったように、シンとしている。
まるで雪の降る日の、染み透るような静けさのようだ。

しばらくすると、奥の方に小さな明かりが灯ったかのように、
微かな温かさが現れた。

 

ゆっくりゆっくり、小さな明かりが近づいてくる。
だんだん温かさがはっきりして来て私の手と触れ合った。と、

 

 

「エネルギーが流れてきた~」とのKさんの声。
「ね、私も今ちょうど、生体反応を感じたよ(笑)」

 

身体にも、受け入れる準備を整える必要がある。
こちらが一方的に与えよう、働きかけようとしても、
相手の身体の準備が整っていなければ働き掛けは生じない。
それを、改めて感じさせてくれた貴重な体験。

 

自然界には一方的な働き掛けは存在しないのだろうと、これは直観で思う。

 

例えば、稲光。天空から降りてくる稲光は、
大地から迎えに行く光の存在があって、落ちるべき場所に落ちていく。

 

生殖活動もそう。健康な女性性器は、
男性生殖器を自ら迎えに行く動きを示すのだと言う。

 

そう言えば、馬の仕事をしている時にも、同じことを感じたことがあった。

 

馬の調教は、「教える」という文字を使っているけれど、
実は教える事なんてできない。

 

馬が乗り手に耳を傾けて、
「なぁに?何て言おうとしてるの?僕に何をしてほしいの?」と

 

そういう意識を持ってくれて初めて、
こちらの伝えたい事、学んで欲しい事を伝える事が出来る。

 

こちらから教えるのではなく、相手が
学びたいと思う意識を作ることが調教。
それが、その時に学んだ大きな気づきだった。

 

 

施術でもまた、同じだと感じる。

 

施術によって身体に生じる変化は、実は
身体が施術に来る前にすでに準備をしているから起きる。
症状は、「これはもう手放したい。何とかして。」というサイン。

 

今までは、身体の全体性を保つのにどうしても必要だった緊張。
でも、もう今はいらない。
これがあると、今はかえってバランスが崩れる。
だから、何とかして欲しい、気付いて欲しい。

 

 

身体が手放す決意をしたからこそ、
意識はそれに反応して何とかしてくれそうな方法や施術者を探す。

 

ここのやり取りには、私達の顕在意識は介在していない。
だから、症状が起きている本当の理由や自分の内側で何が起きているかは、
本人には分かっていないことが多い。

 

蛇足ながら言うなら、これは身体の慈愛なのかも知れないと思う。
もし、全てのことを私達が知覚したなら、
きっと楽な日常生活は送れないだろうから。

 

そうやって、クライアントさん達は無意識や身体に突き動かされて、
ここを探し出して訪れてくれる。

 

だから、施術では身体の意志を尊重することを一番大切にする。

 

無理やりに「良くしよう」とせず、身体がどう変化したいのか、
どんな順番なら楽に今の状況を手放せるのか、
それを丁寧に身体から聴き取っていく。

 

施術者は、身体の鏡になる。

 

無理やりに力づくでやろうとすると、身体は抵抗を示す。
だって、自分で心の準備はしてきている訳で。

 

勉強しようと思っていたのに「宿題やったの!?」なんて言われると、
あぁ~もうヤメタ!!って思うのと一緒。

 

身体が自分で手放そうって決めて
ここを訪れてくれたことに感謝をしながら、
その動機を上手く後押しして行く。
他者である施術者にできるのは、それだけ。

 

そして、必要な後押しが出来たならば、その時にこそ
準備の範囲を超えて身体は大きく変容するのだと、そう思う。

 

 

 

筋膜バランス整体 neMu no ki 公式Facebookページ
https://www.facebook.com/neMunoki.kunitachi

 

 

写真・画像・文章の複製や無断転載は固くお断り致します。
copyrightc2013 neMu no ki all rights reserved.

 

Share this Post